飲んだことのある抗不安剤はソラナックス、レキソタン、リーゼ

私はうつ病です。

色々な薬を飲んでいるなかで、抗不安剤ももちろん欠かせません。

常に身体は緊張している状態で、それを緩和するために出されるものだと先生から聞いています。

一時期、のどがとても詰まった感じがして、つばを飲み込むのすら苦痛に感じていたとき、ソラナックスを出されました。

この薬のおかげか、のどの詰まりは解消されるようになりました。

でも眠くなってしまいます。

こういう薬には眠くなるのはつきものですね。

ソラナックスを飲まなくてものどの詰まりがなくなってきましたので、今はソラナックスではなくレキソタンを飲んでいます。

以前は朝、晩の二回飲んでましたが、最近は食後1回のみです。

これは夜寝るための補助みたいなな感じです。

睡眠導入剤は別に飲んでいて、それだけでは眠れない事があるので、そのためにレキソタンを合わせて飲んでいます。

一応、日中に頭の中がざわざわしたとき用にレキソタンは少し多めに出されています。

そしてそれとは別に、何か突然の出来事で不安になったときなどの頓服用に、リーゼを出されています。

とはいっても、リーゼを飲むことはあまりなくなりました。

前はちょっと外出しただけで不安になって、リーゼを飲んでいたのですが・・・。

病気が少しずつよくなってきているのだと思っています。

(東京都 ねぎさん)

リーゼは薄っすら効果あり

日常で、漠然とした不安がうつ病に合わせて出たことがありました。

全く理由のない不安なので、不安になっていること自体が不安という、ひどい状況でした。

医師にその旨を伝えると、リーゼという小粒の抗不安薬を処方されました。

飲んだ時の気分は、薄っすらとした効果が感じられるかなぁ、という程度です。

無いよりは、幾分かマシ、でももう一歩踏み込んだ効果が欲しい、そんな意見を持った抗不安薬です。

これは、初回の診察であったため、軽めの処方薬が出たということでしょう。

数ある抗不安薬の中でも、効果を体感できる時間も少ない薬なのです。

しかし、有効な利用法も存在します。

それは、お風呂に入る直前に飲むことでした。

お風呂に入ると、全身の筋肉が浮力でほぐされますよね。

そこにリーゼの効果が加わったためか、普段は温泉ですら面倒で避けていた私がお風呂好きになったくらいです。

しかし、1日に何度もお風呂に入る訳にはいかなかったので、初回の分を飲み終えたところでこの抗不安薬はやめるこ
とにしました。

もし、不安自体が弱い方がいらっしゃったなら、このあたりから始めると良いのかなと思えます。

いきなり強いものを使い、精神的な依存が起こっても困りますものね。

(埼玉県 愛の芒種さん)