鬱に悩まされた数年間、抗不安剤のレキソタンを服用

鬱に悩まされた数年間、抗不安剤として、レキソタンを処方されていました。

抗不安剤として処方されていますが、飲んだ自分の感覚では、どちらかというと精神安定剤としての効能があったように思います。

ギスギスした気分が晴れてきて、動悸、息切れがしてしまうような状況でも、落ち着いておとなしくなれるような効果だったと記憶しています。

長らく鬱を煩い、だんだんと元気になってきて、自己判断はあまりよくない事なのですが、抗うつ剤、抗不安剤など、自分から薬の種類、飲む回数を減らしていきました。

その後、ほとんど薬を飲まなくなって、仕事にも出るようになった状況でも、お守りとして、どうしても辛い時の頓服薬として持ち歩いていました。

ほぼ治っていた時期ですが、どうしてもたまに、精神状態が乱れて、居ても立ってもいられないような事があり数回、お世話になりました。

ほとんど飲まなくなっていた時期なので、免疫がなかったのか、前に飲んだ時よりもスっと効いてきたような感じがありました。

自分のみの経験ではありますが、鬱になってしまったことで、精神科にかかる場合、あまり多くの薬を飲まず、レキソタンを飲んで、しばらく休み、様子をみてはどうかと思います。

素人考えではありますが、飲んだ人間の感想としては、病院によっては、心を病んでしまった人に対し、初めからいくつもの薬を処方するところもありますが、まずは一つ処方して、落ち着いてもらってはどうかとおもいます。

(東京都 YMさん)