デパスの多様な効能について

私は鬱とパニック障害で通院しておりますが、その処方の中で抗不安剤を幾つ使用しました。

現在はデパスにおちつていいます。デパスは少し甘い感じの口どけです。

パニック時に、投与すると、脳が段々さっきまでの恐怖から、不安に囚われた気持ちを解放してくれます。

霧が晴れたようにニュートラルの状態にしてくれます。

パニックの予期不安時には特に効果てき面です。

暫くすると楽になります。

私は予期不安後にデパスを投薬後に大発作になった事は今の所無いです。

発作後だと、時間がかかってしまいますが緩和してくれます。

デパスは、気持ちを落ち着かせてくれるのは勿論ですが、軽い憂鬱にも効くのかな?と言う感じでした。

ジェネリックも沢山出ているようですが、人によっては、甘味が違うとか拘りが有るようですが、私は余りジェネリックで試してみても、そんなに効能は変わりませんでした。

少し眠くなる効果もあるようなので、寝る前に軽い不安で寝れないと言うと出される事もあるそうです。

とても重宝する薬です。あとデパスは肩こりに効くというのも良く知られています。

『筋弛緩作用』というのがデパスにはあるそうです。

パニック発作にも効き、睡眠導入にも効き、肩こりにも効果が有る、まさに万能薬です。

(千葉県 ももさん)