デパスの多様な効能について

私は鬱とパニック障害で通院しておりますが、その処方の中で抗不安剤を幾つ使用しました。

現在はデパスにおちつていいます。デパスは少し甘い感じの口どけです。

パニック時に、投与すると、脳が段々さっきまでの恐怖から、不安に囚われた気持ちを解放してくれます。

霧が晴れたようにニュートラルの状態にしてくれます。

パニックの予期不安時には特に効果てき面です。

暫くすると楽になります。

私は予期不安後にデパスを投薬後に大発作になった事は今の所無いです。

発作後だと、時間がかかってしまいますが緩和してくれます。

デパスは、気持ちを落ち着かせてくれるのは勿論ですが、軽い憂鬱にも効くのかな?と言う感じでした。

ジェネリックも沢山出ているようですが、人によっては、甘味が違うとか拘りが有るようですが、私は余りジェネリックで試してみても、そんなに効能は変わりませんでした。

少し眠くなる効果もあるようなので、寝る前に軽い不安で寝れないと言うと出される事もあるそうです。

とても重宝する薬です。あとデパスは肩こりに効くというのも良く知られています。

『筋弛緩作用』というのがデパスにはあるそうです。

パニック発作にも効き、睡眠導入にも効き、肩こりにも効果が有る、まさに万能薬です。

(千葉県 ももさん)

飲んだことのある抗不安剤はソラナックス、レキソタン、リーゼ

私はうつ病です。

色々な薬を飲んでいるなかで、抗不安剤ももちろん欠かせません。

常に身体は緊張している状態で、それを緩和するために出されるものだと先生から聞いています。

一時期、のどがとても詰まった感じがして、つばを飲み込むのすら苦痛に感じていたとき、ソラナックスを出されました。

この薬のおかげか、のどの詰まりは解消されるようになりました。

でも眠くなってしまいます。

こういう薬には眠くなるのはつきものですね。

ソラナックスを飲まなくてものどの詰まりがなくなってきましたので、今はソラナックスではなくレキソタンを飲んでいます。

以前は朝、晩の二回飲んでましたが、最近は食後1回のみです。

これは夜寝るための補助みたいなな感じです。

睡眠導入剤は別に飲んでいて、それだけでは眠れない事があるので、そのためにレキソタンを合わせて飲んでいます。

一応、日中に頭の中がざわざわしたとき用にレキソタンは少し多めに出されています。

そしてそれとは別に、何か突然の出来事で不安になったときなどの頓服用に、リーゼを出されています。

とはいっても、リーゼを飲むことはあまりなくなりました。

前はちょっと外出しただけで不安になって、リーゼを飲んでいたのですが・・・。

病気が少しずつよくなってきているのだと思っています。

(東京都 ねぎさん)